大和郡山市 不動産|中古マンションの売り時について

奈良を中心に不動産の売買、リフォーム、注文住宅と住宅に「もっと」を考える会社、原田建設です。
土地や中古戸建、そして今回のテーマ「中古マンション」を取り扱っております。

中古マンションの売り時を考えたいと思います。

大前提 ライフスタイルの変更時に売却

ライフスタイルが変わるタイミングはわかっているときもありますし、突然やってくることもあります。
ライフスタイルの変更が住み替えのタイミングです。
住み替えが正しいのか?そのために私たちの知識と経験が必要でしたら何なりとご相談ください。

売り時価格が上がっているとき|奈良の場合

奈良の場合マンション相場は1棟1棟の過去の成約事例から導き出されることが多いです。
ですので直近の成約事例や販売事例が高めに販売されているときは高く売れる可能性が高いと言われています。

逆に売り急ぎで安く売却されたケースがある場合は安くなる可能性があるため、2つ前ほどの販売状況を見て、考える必要があります。

安く売れた直近の成約事例とどう違うのか?
そのあたりもしっかりと伝える販売戦略が必要となります。

築25年経つか経たないか。

住宅ローン控除は築25年以内のマンションに使用できます。
つまり築20年と築28年のマンションなら経年による価格以上に買主はローン控除の恩恵の有無があるため、
購入時に詰まってしまう可能性があります。

築20年以上となった場合に、このまま住み続けるのか。
住み替えしたいのか?

家族で十分に相談してもいいかもしれませんね。

修繕積立金が上がるタイミング

修繕積立金が築年数が経てば経つほど修理する部分が増えるマンション管理を支える費用です。
そのため築年数が経ってくると修繕積立金は上がっていきます。

中古マンションの修繕積立金は国土交通省のガイドラインに以下のように紹介されています。
(奈良には15階建て以上は少ないので一部だけ紹介します。)

【15 階未満】5,000 ㎡未満 218 円/㎡・月

つまり75㎡のマンションなら16,350円
足りていないマンションの方が多いのではないでしょうか。

ゆくゆく修繕積立金が増やす方が良いと管理会社から言われる可能性があります。
しかし、
修繕積立金の額と成約価格は反比例してしまうことが多いため、
修繕積立金が上がると成約価格は下がりやすくなってしまいます。

ですので修繕積立金が上がりそう。となったタイミングは売り時なのかもしれません。

今回紹介した以外にも売り時等がありますので、
是非担当にご相談ください。

————————————————————————————————————————

大和郡山市で不動産の購入・売却・リフォームなら
原田建設にお任せください。

639-1021
奈良県大和郡山市新木町366−2
TEL:0743-54-5500
http://harada-housing.com/

【事業内容】
建築部門
新築注文住宅・リフォーム・リノベーション・
不動産部門
土地探し・中古マンション・中古戸建

【範囲】
奈良県:奈良市、大和郡山市、生駒市、天理市、北葛城郡、磯城郡、生駒郡
→その他エリアでもご相談ください。

【住まいにもっとを考える会社】
住まいはもう一歩考えることで、全く違う正解を出すことがあります。
将来設計を含めた家探し、住み替え方法、売却手段

住まいにもっとをもとめて考える会社でありたいと考えております。

お気軽にお問い合わせください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイト活用ガイド
この物件について問い合わせる