更地にしたほうが有利?築35年以上の住宅は本当に解体した方が売れやすいのか?

原田建設スタッフの工藤です。
この記事では中古住宅特に築が35年以上経った住宅を売却する場合、
「解体した方が売れやすいのか?」と言うよく聞かれる疑問にお答えしていきたいと思います。

中古戸建て販売と土地で販売比較

築35年以上経った家全てが古家付き土地で販売するわけではありません。
「中古戸建で販売するのか?」「土地として販売するのか??」
この判断は何か決まりがあるわけではないため、各社判断基準もまちまちとなっている状況です。
大手不動産会社の多くは社内規定により築年数により古家付きでの販売しかしないと言うところもあれば、弊社のように「安心安全な不動産取引が可能かどうか」を判断基準にしているところもあります。
具体的に原田建設の場合では築年数が経ってはいても雨漏り・基礎の割れなど目に見える問題がなければ、中古住宅での販売を選択肢に入れます。その上で買主さまへの安心のアピールのため「住宅診断(ホームインスペクション)」をご提案させていただいております。
弊社としては斡旋・打ち合わせ・鍵あけなど無料で対応させていただいております
(検査機関への実費分は必要)

35年以上の築年数が経っている場合売主、買主ともに安全性を安心性を確保できなければ古家付き売り土地での販売をおすすめしております。少し脱線しましたが、以下より更地と古家付きのお話になります。

土地販売時、更地と古家付きの売れやすさについて

原則的には更地の方が売れやすいです。
土地をお探しのお客様はポータルサイト(SUUMOやアットホーム)などから物件情報を得られています。

  • 更地(解体済み)でお探しになられる方
  • 解体費用のめど金額も想像できずお探しになっている方
  • 建築業者から解体費用を高めの設定されておられる方
    などのお客様は更地物件を中心に考えているため、更地の場合の方が有利です。また想定以上に多くいらっしゃるためです。

また買主の住宅ローンにも解体費用は少し厄介者です。
と言いいますのは土地費用に含められず自己資金や建築費用のつなぎ融資分に含める必要がある金融機関も多くあります。
つまり解体費用を低金利の住宅ローンに合わせにくいため、買主負担が増えやすいということもあります。

古家付きでも問題なし!逆転する場合

しかし、先に解体費用を捻出してもらうとなると難しいと考えられる売主さまも多いと思います。無理して解体しないといけないわけではないですし、解体しなくても大丈夫なこともあります。古家付きでも問題なしの場合をすこしだけまとめました。

周辺成約データが古家付きで売却されている場合|先に解体しなくても大丈夫!

特に過去の成約から古家付きのままでも問題無く売れている場合です。
つまり相場(これぐらいで売れている)と判断されている金額が古家付きの場合があります。この場合解体更地にして値段上がると「高い」と判断されてしまいかねません。

そのため成約データの精査が大変重要になってきます。
査定時にどのような販売が良いのか、ぜひご相談ください。
弊社ではお客様にデータを提出した上でご相談させていただきます。

物件数が少ない場合|先に解体しなくても大丈夫!

駅前物件や人気の小学校エリアなどの場合、古家付きでも探しているお客様の数が多ければ、解体後の金額と差がなく売却できることがあります。

まとめ

築年数が35年以上の建物の場合、中古戸建てとしての販売ができるか相談の上、土地販売ならば
必ずしも解体更地にしないといけないわけではないが、更地を中心に探している顧客が多いことを予想しながらの相談をおこなってください。

また弊社では合わせて買取も行っておりますので、少しでも高くと言うわけではなく、スムーズな売却を希望される方は何なりとお声掛けください。遠方でも検討いたしております。
弊社原田建設は自らで販売まで行います。買取金額もできるだけ高い金額をご提示できます。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。
皆様の不動産売却がより良いものになりますよう願っております。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイト活用ガイド
この物件について問い合わせる