住宅ローンってよくわからない? 変動金利と選択固定金利の説明

こんにちは、原田建設の工藤です。

弊社で取り扱っている銀行さんでご説明させて頂こうかと思います。

今回例で出させて頂くのは
関西の地方銀行 紀陽銀行さんです。

まず住宅ローンの金利って聞くと
すごく難しい話のように思いませんか?
まったくそんなことありません!住宅ローン金利の種類

□変動金利
□選択型固定金利
□長期固定金利

このたった3つだけ
以上です。

………えっこれだけ?
って思いますよね。

でもほんとにたったこれだけです。

変動金利とは読んで字のごとく金利が変動するタイプ
選択型固定金利とは一定期間金利が変わらないタイプ

ただこれだけなんです
これだけなんですが!
銀行さんによっては金利や、選択型固定金利の場合では期間も違いますので月々の返済やライフスタイルに合ったプランで銀行さんをご検討下さいませ。

紀陽銀行さんで見てみますと
変動金利の店頭表示金利が2.675%
選択型固定金利の店頭表示金利は10年固定で3.100%
(2018年9月3日 現在)

えっ!
そんなに高いの?ってなりますよね
インターネットでは変動金利で0.625%とか選択型固定金利で1.050%とかみますよね

なんでこんなに差が出るかというと
住宅ローンには金利の優遇幅というものがあって、優遇幅が最大で0.625%や1.050%に近づくわけです

優遇をうけるのにも当然条件等もございますので事前にお調べ頂いてからご検討下さいませ。

こういった形で聞いてみると意外と難しくないと思いませんか?
住宅ローンってとても大事な事なので分からないからもういいや、ではなく
少し調べてみると自分にあった銀行さんや変動金利がいいのか選択型固定金利がいいのかが少し見えてくるかもしれません。

お家探しの事なら住宅ローンについてもしっかりご相談にのらせて頂きますので
安心してお任せくださいませ。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイト活用ガイド
この物件について問い合わせる