住宅ローンの保険団体信用生命保険について

団体信用生命保険とは?

住宅ローン専用の生命保険のことです。一般的に団信と呼ばれています。

簡単に説明すると、団信に加入していると住宅ローンの債務者が死亡したときや高度障害となった時に住宅ローンの残債が0となるものなのです。

住宅ローンを利用する場合には、万一の不測の事態も考えなければなりません。そのとき収入が激減すれば、たとえ一般の生命保険に加入していても、受け取った保険金を生活費に回さざるを得ず、マイホームに住み続けるのは難しくなります。

そんなとき、団信に加入していれば、万が一のときに、生命保険会社から支払われる保険金によって住宅ローンの残債務が弁済され、残されたご家族に住宅ローンが残らず、マイホームに安心して住み続けることができるのです。

フラット35の団信は任意

銀行などが提供する一般的な住宅ローンは、団体信用生命保険への加入が必須になっています。一方で銀行と住宅金融支援機構が提携して提供しているフラット35は団信加入が任意となっております。

団信には加入の条件などがあります。条件とは、病歴や現在の健康の状況などについて告知をすることです。通常の生命保険と同じく加入については、健康状態が問われるのです。

誰もが団信に入ることが出来ればよいのですが、中には加入をが出来ない場合があります。大きなご病気や難病と呼ばれる疾患などをお持ちの方は、難しい場合もあるのです。

一般的な団信の加入が難しい場合には、フラット35も検討されてはいかがでしょうか。

ワイド団信について

ワイド団信とは、通常の団信に加入することができない健康状態を抱えた方のために、加入条件が緩和された団体信用生命保険のことを言います。
通常の団信の加入が難しいような場合でも、ワイド団信なら加入することが出来る可能性があります。

すべての金融機関で取扱いが可能ではありません。このワイド団信の取扱いが出来る銀行とそうでない銀行があります。
また、銀行によって上乗せ金利、年齢制限などの条件も異なりますので、注意が必要です。

まとめ

多くの方にとって、マイホームの購入は人生の中で1番大きな買い物ではないでしょうか。交通事故や病気など、本人がいくら注意していても防ぎようのないことに備えることは大切なことだと思います。

大切なご家族を守るためにも、出来るだけ団信についても、検討する時間をとって頂きたいです。

団体信用生命保険には、銀行ごとに保証の内容が異なり、様々な商品があります。今後、銀行ごとの具体的な団体信用生命保険の商品についても、ご紹介していけたらと思っております。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイト活用ガイド
この物件について問い合わせる